Outlook2016でGmailアカウントを使用するための設定方法

Outlook2016でGmailアカウントを使用するための設定方法を備忘録的にポストします。知らずにOutlookにだけアカウント設定を追加しても使用することができません。Gmail側でも設定が必要なので、つまづいた方はぜひ参考にしてみてください。

【Gmail側設定】IMAPを有効にする

まずはGmail側でIMAPを有効にする必要があります。

Internet Message Access Protocol(インターネット メッセージ アクセス プロトコル、IMAP(アイマップ)) は、メールサーバ上の電子メールにアクセスし操作するためのプロトコル。クライアントとサーバがTCPを用いて通信する場合、通常サーバー側はIMAP2, IMAP4ではポート番号143番、IMAP3では220番を利用する。

via Wikipedia

以下、設定手順です。

GmailでIMAPを有効にする設定方法①

WEBブラウザでGmailを開いて「歯車」マークをクリックします。

GmailでIMAPを有効にする設定方法①

「設定」をクリックします。

GmailでIMAPを有効にする設定方法③

「メール転送とPOP/IMAP」から「IMAPを有効にする」を選択して「変更を保存」をクリックします。

Gmail側で行う設定は以上です。続いてOutlook側でアカウントの追加設定を行います。

【Outlook2016側設定】アカウントの追加

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法①

Outlook2016を起動して「ファイル」タブをクリックします。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法②

「アカウントの追加」をクリックします。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法③

「手動設定」を選択して「次へ」をクリックします。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法④

「POPまたはIMAP」を選択して「次へ」をクリックします。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法④

必要情報を入力して(下記参照)「詳細設定」をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定で入力する情報

ユーザー情報

  • 名前:任意
  • 電子メールアドレス:Gmailアカウント(メールアドレス)

サーバー情報

  • アカウントの種類:IMAP
  • 受信メールサーバー:imap.gmail.com
  • 送信メールサーバー(SMTP):smtp.gmail.com

メールサーバーへのログオン情報

  • アカウント名:Gmailアカウント(メールアドレス)
  • パスワード:Gmailアカウントのパスワード
Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法⑤

「送信サーバー」タブを選択して画像のように選択します。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法⑥

「詳細設定」タブを選択してサーバーのポート番号を入力して(下記参照)「OK」をクリックします。

サーバーのポート番号

受信サーバー(IMAP)

  • ポート番号:993
  • 使用する暗号化接続の種類:SSL

送信サーバー(SMTP)

  • ポート番号:587
  • 使用する暗号化接続の種類:TLS
Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法⑦

「次へ」をクリックします。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法⑧

アカウント名、パスワードを要求されたらチェックボックスをつけ「OK」をクリックします。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法⑨

テストが正常に完了したことを確認してウィンドウを閉じます。

このとき、テストでエラーが発生した場合は今一度、各種設定内容を確認してください。

Outlook2016にGmailアカウントを追加する設定方法⑩

「完了」をクリックします。

【Gmail側設定】安全性の低いアプリのアクセスの許可

Outlook側でGmailアカウントを追加すると、Gmailに以下のメールを受信しますのでOutlookアプリのアクセスを許可する必要があります。既に設定されている場合は省略されます。

OutlookのGmailへのアクセスを許可する設定方法①

上記のメールを受信するので「安全性の低いアプリのアクセスを許可」をクリックします。

OutlookのGmailへのアクセスを許可する設定方法②

安全性の低いアプリのアクセスを「オンにする」を選択します。

以上、「Outlook2016でGmailアカウントを使用するための設定方法」というお話でした。

※上記設定画面、設定内容は記事執筆時(2016/09/04)のものです。各アプリ、サービスのバージョンアップ等により変更される可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です